転職時の企業の将来性を見据えるにあたって

転職にあたって、志望する企業の将来性を展望することは、応募にあたって当然のことでもあります。業績が下降する一方の企業が募集をしていたとしても、あえて優先してその企業に応募しようとすることはためらいがあります。

企業の業績についての分析にあたって、まずは売上高や採用人数の推移を確認することになりますが、公表されている数値だけにとらわれてしまいますと、今後の企業の動向について見誤る場合があります。あくまで業界全体を見渡して判断しませんと、あたかも倒産に突き進んでいるように見える企業であっても、新たな要素が加わることで、新たな展開が見込まれることもあります。

どうしても安定志向を求めがちですが、企業は生き物であることを忘れてはなりません。どんなにいきいきとしている企業であっても、いつのまにか消滅していることもあります。現在の良好さだけで判断することなく、数年後の展望を見極めつつ、その息吹を自身が作り上げるつもりで応募することが大切です。